重症化をしやすい
赤ちゃんに対する予防薬

下記の赤ちゃんはRSウイルス感染症にかかると重症化するリスクが高いため、予防薬を注射することができます。月齢やRSウイルス感染症の流行時期もかかわってくるため、投与の必要があるかどうか詳しくはお医者さんに聞いてください。

RSウイルス感染症の重症化を抑えるお薬の投与対象となる赤ちゃん

  • case
    1

    お母さんの
    お腹の中にいた期間が28週以下

    RSウイルス流行開始時に
    生後12ヵ月以下のお子さん

  • case
    2

    お母さんの
    お腹の中にいた期間が29〜35週以下

    RSウイルス流行開始時に
    生後6ヵ月以下のお子さん

  • case
    3

    過去6ヵ月以内に
    気管支肺異形成症の治療を受けた

    RSウイルス流行開始時に
    生後24ヵ月以下のお子さん

  • case
    4

    血行動態に異常のある
    先天性心疾患(CHD)がある

    RSウイルス流行開始時に
    生後24ヵ月以下のお子さん

  • case
    5

    免疫不全がある

    RSウイルス流行開始時に
    生後24ヵ月以下のお子さん

  • case
    6

    ダウン症候群がある

    RSウイルス流行開始時に
    生後24ヵ月以下のお子さん

  • ※投与開始時に、上記の条件に当てはまっていれば、シーズン中に月齢条件を超えても健康保険は適用されます。
    RSウイルスの流行期間中は、継続して注射を受けましょう。
  • ※RSウイルスは、一年中存在しますが、特に9〜11月が流行開始時期といわれています。
  • ※上記の条件に当てはまっていても、医師の診察・診断によっては、注射をしない場合があります。
    まず、医師の指示に従ってください。

早産児についてはこちらもご覧ください

スモールベイビー.com
pagetop