日常からできるケア

RSウイルスなどの感染症が重症化しやすいのは赤ちゃんです。赤ちゃんを守るには、何よりも予防が肝心です。次の点に注意して、赤ちゃんをしっかり守りましょう。

手洗いを徹底する

RSウイルスは非常に感染力が強く、ウイルスがおもちゃなどに付着してから4〜7時間は感染力を持っているといいます。日ごろから外出の後や調理・食事の前、鼻をかんだ後などは石鹸でよく手を洗いましょう。

流行期には人ごみを避ける

RSウイルスが流行する秋から春の季節には、赤ちゃんを人ごみに連れて行かない配慮も必要です。

身の周りのものをこまめに消毒しましょう

RSウイルスは目や鼻、口の粘膜から感染します。赤ちゃんは手近においてあるものを何でも口に入れたがりますから、家庭内にかぜをひいている人がいるときは、アルコールティッシュなどで赤ちゃんの周りのものをこまめに消毒しましょう。

周囲の大人がかぜをひいていたら、細心の注意を!

また、かぜをひいている大人は、マスクをつけて唾液や鼻みずが飛び散らないように気をつけることも大切です。
RSウイルスに感染すると、大人は軽いかぜですんでも、はじめて感染する赤ちゃんは炎症が下気道にすすみ、まれに肺炎や重症な気管支炎になることがあります。お父さんやお母さんがかぜをひいたら、たとえ軽くても油断せずに、手洗いや消毒を徹底してください。

pagetop